(首・肩のコリとは?)

 

 首から肩、背中にかけての広範囲の詰まったような、固まったような不快な感じを総称したもので、触ると重痛い感覚があります。 何もしないで安静にしていても、重い石が肩に乗っているようなとても不快な状態を言います。

 

原因としては、筋肉の過剰な疲労によるものが最も多いのですが、最近では精神的な疲労(ストレス)や、眼精疲労から首・肩のコリに波及しているものも多いようです。

 

 

 

(治療方法)

 

 

 →写真では右側だけの表示ですが、ほとんどの場合、両側を治療していきます。

 

 青〇で表示したポイントは圧痛の出やすいポイントです。この圧痛ポイントを中心に『はり』をしていきます。

 

 真ん中の黒〇は『第7頸椎』の部位で、いちばん出っ張っている骨です。この骨を中心とした周りの筋肉が障害されやすい筋肉です。

 

 写真の赤で表示した範囲は、首・肩コリが発生しやすい部位ですが、患者さんによっては肩関節、肩甲骨にまで痛みが出現する場合があります。

 

この場合も、痛む筋肉を特定し、関係している部位に『はり』をしていきます。

 

血液循環を改善させることを第一目標として治療にあたります。

 

 

 

(治療回数の目安)

 

 軽度の首・肩コリであれば、初回の治療で症状が改善します。3回以内の治療でかなり軽くなると思います。

 

 慢性的に何年も前から首・肩コリがあるという方は、5回以上の集中的なはり治療が必要です。生活習慣にもよりますが、5~8回の治療で、とても楽になると思います。

 

首・肩のコリは一見単純な症状に見えますが、そのままにしておくと精神的な疲労も蓄積してしまい、最終的には『うつ病』などに発展する可能性があります。首・肩コリが気になったらすぐに対処されることをオススメします。

院長 橋本 正法

  ~健康問題日記&その他~
  ~健康問題日記&その他~

≪お悩みの症状は?≫

(患者さん通院圏)

 

埼玉県:川口市・蕨市・さいたま市(浦和・大宮・与野・岩槻)・戸田市・草加市・八潮市・吉川市・三郷市・越谷市・春日部市・上尾市・加須市・久喜市・所沢市・熊谷市

 

東京都:足立区・北区(赤羽・王子・東十条)・葛飾区・荒川区・台東区・文京区・墨田区・板橋区・中央区・豊島区(池袋)・新宿区・渋谷区・中野区・目黒区・世田谷区・大田区・港区・八王子市

 

千葉県・群馬県・栃木県・新潟県

  ~鍼灸以外のページ~
  ~鍼灸以外のページ~