(ヘルニアとは?)

 

 腰部椎間板ヘルニアとは、椎骨と椎骨の間に椎間板という軟骨様の組織があり、それが椎骨の間から外に飛び出して、近くの神経を圧迫してしまった状態をいいます。

 

椎間板ヘルニアの場合、片側の足に症状が出ることが多く、シビレをともなった痛みが出現します。

 

人によってはヘルニアになっているのに痛みがないという方もいます。(ヘルニアが神経を圧迫していないため)

 

 

 

(治療方法)

 

 

 椎間板ヘルニアの場合は、まず『鍼灸治療』の適応内か適応外か。という検査判断をします。

とても状態が悪く、『鍼灸治療』で効果が見込めないと判断した場合は医師に紹介状を出しますので、専門医を受診してください。

 

検査結果として『鍼灸治療』で効果が出ると判断した場合は、実際に治療をしていきます。

 

ヘルニアが起きている場所と周囲の硬くなった筋肉に対して『はり』をしていきます。椎間周囲の小さな筋肉の緊張をゆるめることで、椎間の隙間を広げます。ひろげることで、突出した椎間板をもとに戻していきます。

 

軽度ヘルニア手術をしたくない方ヘルニアの手術後に腰痛が再発してしまった方に有効な治療法です。

 

 

 

 

院長 橋本 正法

  ~健康問題日記&その他~
  ~健康問題日記&その他~

≪お悩みの症状は?≫

(患者さん通院圏)

 

埼玉県:川口市・蕨市・さいたま市(浦和・大宮・与野・岩槻)・戸田市・草加市・八潮市・吉川市・三郷市・越谷市・春日部市・上尾市・加須市・久喜市・所沢市・熊谷市

 

東京都:足立区・北区(赤羽・王子・東十条)・葛飾区・荒川区・台東区・文京区・墨田区・板橋区・中央区・豊島区(池袋)・新宿区・渋谷区・中野区・目黒区・世田谷区・大田区・港区・八王子市

 

千葉県・群馬県・栃木県・新潟県

  ~鍼灸以外のページ~
  ~鍼灸以外のページ~