(不眠症とは)

 

 『不眠』にはいろいろなパターンがあります。

当院では、ほとんどの不眠は『自律神経の過緊張』が原因であると考えており、ストレスを強く感じている方に多いのが特徴です。

 

神経質ぎみで、ミスの許されないお仕事をされている方などに多い疾患です。

当院では、この『神経の過緊張状態』をやわらげ、ぐっすりと眠れる状態にしていきます。

毎回の睡眠で『夢』をたくさんみる方は『浅い眠り』の状態が多いと思われます。

 

朝起きて疲労感が抜けていない感じはありませんか?

 

 通常の睡眠では浅い眠りと深い眠りが交互に繰り返されており、身体と脳の両方が休めるしくみになっているのですが、自律神経の過緊張により、浅い眠りが多くなってしまうと、結果的に身体の疲労感が抜けず、朝起きてもスッキリしないのです。

 

 

 

(治療方法)

 

 

 

 基本的な治療内容としましては、まず自律神経の過緊張状態を改善するために、頸・肩・背中、腰などに対して『はり』をしていきます。

(患者さんの状態によって治療箇所、刺激量は異なります)

 

 自律神経をリラックスさせるために筋肉の緊張を取り去ります。

さらに、腰にある仙腸関節(骨盤の関節)に対しても『はり』をして、自律神経がリラックスしやすい環境にしていきます。

 

 →右の写真では、右側だけの表示になっていますが、通常は両側の筋肉に対して治療していきます。

 

 

 この治療をしていくことで、

①筋肉の緊張がほぐれる。→②自律神経の緊張状態が緩和。→③自然な睡眠ができるようになる。→④疲労感が取れて筋肉の緊張がほぐれる。(①の効果になり②・③と続く。)

 

以上のような好循環にしていくことができます。 

 

 

 

(治療回数の目安)

 

 不眠症の状態にもよりますが、軽度であれば3~5回。重度の不眠症の場合は10回程度で効果を実感いしていただけると思います。

 

状態が改善した後も、月に1~2回程度のメンテナンスをお勧めします。

院長 橋本 正法

  ~健康問題日記&その他~
  ~健康問題日記&その他~

≪お悩みの症状は?≫

(患者さん通院圏)

 

埼玉県:川口市・蕨市・さいたま市(浦和・大宮・与野・岩槻)・戸田市・草加市・八潮市・吉川市・三郷市・越谷市・春日部市・上尾市・加須市・久喜市・所沢市・熊谷市

 

東京都:足立区・北区(赤羽・王子・東十条)・葛飾区・荒川区・台東区・文京区・墨田区・板橋区・中央区・豊島区(池袋)・新宿区・渋谷区・中野区・目黒区・世田谷区・大田区・港区・八王子市

 

千葉県・群馬県・栃木県・新潟県

  ~鍼灸以外のページ~
  ~鍼灸以外のページ~