(更年期障害とは)

 

 更年期障害とは、卵巣から女性ホルモン分泌が減少し、月経不順から無月経となる時期をさす。女性ホルモンのうち、特にエストロゲンが減少することにより、のぼせ、発汗、肩コリ、頭痛、不眠、いらいら、手足の痛み、冷え。といったような血管運動神経症状(更年期症状)が出現するが、日常生活上問題が出るものを『更年期障害』として、治療を必要とする症状です。

 

 更年期は、年齢的に45~55歳きらいまでを指すが、近年では60代の女性でも更年期様症状を訴える方も統計上、増加傾向にあります。

 

 

 

(更年期障害の治療方法)

主な治療エリア
主な治療エリア

 

 『体制ー自律神経反射』理論を用いた治療をしていきます。写真上のピンク色の部位を中心として『はり・お灸』治療をしていきます。

 

 その他、患者さんの身体をしっかりと触診し、筋肉疲労が蓄積している部分や、体調の状態により治療エリアを変えていきます。効果としては、自律神経機能の調整、ホルモンバランスの調節と、各種症状(痛み、ほてり、だるさ等)の改善を目的に治療をしていきます。

 

 はり・お灸治療を行うと、まず第一に身体の軽さを実感していただけます。即効効果とは別に、身体の中では徐々に効果が現れてきます。自律神経機能は、すぐに実感できるものではありませんので、じっくりと治療を継続していただくことで、一歩一歩効果が現れてくるのです。

 

 

 

院長 橋本 正法

  ~健康問題日記&その他~
  ~健康問題日記&その他~

≪お悩みの症状は?≫

(患者さん通院圏)

 

埼玉県:川口市・蕨市・さいたま市(浦和・大宮・与野・岩槻)・戸田市・草加市・八潮市・吉川市・三郷市・越谷市・春日部市・上尾市・加須市・久喜市・所沢市・熊谷市

 

東京都:足立区・北区(赤羽・王子・東十条)・葛飾区・荒川区・台東区・文京区・墨田区・板橋区・中央区・豊島区(池袋)・新宿区・渋谷区・中野区・目黒区・世田谷区・大田区・港区・八王子市

 

千葉県・群馬県・栃木県・新潟県

  ~鍼灸以外のページ~
  ~鍼灸以外のページ~