(頭痛とは?)

 

 頭に限局した痛みの総称で、頭部痛覚神経への刺激によって発生します。

部分的な痛みのものから、頭全体に痛みが発生するものまでさまざまな症状があります。

 

当院で対応している頭痛は①筋収縮性頭痛②片頭痛。の2つです。

 

①筋収縮性頭痛

ストレス・眼精疲労などにより、頭に存在している筋肉が持続的に収縮してしまい、痛覚神経に作用して痛みが発生している状態をいいます。

 

頭が締め付けられているような感覚があり、首・肩のコリを伴うことが多いです。重度になればめまいが出現したりします。

 

②片頭痛

頭の皮下血管の拡張が原因で発生する頭痛です。

血管に関係しているということもあり、心臓の拍動に合わせてズーン・ズーンと痛むタイプの頭痛です。全身の疲労にともなって出現しやすい頭痛です。

 

※意識障害を伴う頭痛、動けないほど激痛な頭痛、嘔吐を伴う頭痛などの症状がある方は、脳神経外科等の専門医を受診しましょう。専門医と

ご相談のうえ、来院してください。

 

 

 

(治療方法)

 

 

 筋収縮性頭痛に対する治療方法は、頭部だけでなく首・肩にかけても丁寧に触診し、緊張している部位や筋肉に対して『はり』をしていきます。局所の血液循環を改善することで、緊張した筋肉を緩めることができます。

 

結果として、痛覚神経への刺激を減らして頭痛が改善されます。

 

 

 片頭痛に対する治療方法は、後頭部にある後頭動脈、コメカミのところにある浅側頭動脈などの血管緊張を緩めるための『はり』をしていきます。血管周囲の組織に『はり』をすることで、緊張状態の血管を緩めていきます。

 

結果として、血管の柔軟性が戻り拍動性の痛みが改善されます。

 

 

 

(治療回数の目安)

 

 治療回数の目安としましては、比較的症状の軽いもの(頭痛になってまだ間もない状態)でしたら、3~5回で緩和されます。

 

何年も頭痛でお困りの方は、10回以上の治療が必要になることがありますが、毎回の治療で効果を感じていただけるはずです。定期的に治療を続けることで、症状が改善してきます。 毎回状態を相談しながら治療していきましょう。

院長 橋本 正法

  ~健康問題日記&その他~
  ~健康問題日記&その他~

≪お悩みの症状は?≫

(患者さん通院圏)

 

埼玉県:川口市・蕨市・さいたま市(浦和・大宮・与野・岩槻)・戸田市・草加市・八潮市・吉川市・三郷市・越谷市・春日部市・上尾市・加須市・久喜市・所沢市・熊谷市

 

東京都:足立区・北区(赤羽・王子・東十条)・葛飾区・荒川区・台東区・文京区・墨田区・板橋区・中央区・豊島区(池袋)・新宿区・渋谷区・中野区・目黒区・世田谷区・大田区・港区・八王子市

 

千葉県・群馬県・栃木県・新潟県

  ~鍼灸以外のページ~
  ~鍼灸以外のページ~