慢性関節リウマチ(RA)

国内では50万人以上のRA患者がいるとされており・・・。

 

 症状が良くなったり、悪化したりと、繰り返しながら進行して行くのが特徴です。RAは全身の関節が慢性的に炎症を起こし、腫れと痛みを引き起こします。

 

基本的な治療としては、抗リウマチ薬と、非ステロイド系抗消炎薬が用いられています。しかし、薬物療法によっても関節痛が残ることがほとんどで、日常生活に支障をきたす患者さんも多いのが現状です。

 

この疾患は、遺伝的な背景もありRA患者さん自身の親や親せきなどにRAの方がいる場合が多いのも特徴です。一般的にRA疾患は、女>男の比率であり、女性に多いです。

 

 いち鍼灸師の意見としましては、薬物療法で症状がおさまっていれば良いのですが、それでも痛みや、腫れで日常生活に支障をきたすのであれば、薬物療法と鍼灸治療の両方を試してみてはいかがでしょうか。薬物療法で身体の内側から、鍼灸治療で外側からアプローチして少しでも関節の痛みを緩和させてみてはいかがでしょうか。

 

関節リウマチでお悩みの方は、お気軽にご相談下さい。

 

 

院長 橋本 正法

  ~健康問題日記&その他~
  ~健康問題日記&その他~

≪お悩みの症状は?≫

(患者さん通院圏)

 

埼玉県:川口市・蕨市・さいたま市(浦和・大宮・与野・岩槻)・戸田市・草加市・八潮市・吉川市・三郷市・越谷市・春日部市・上尾市・加須市・久喜市・所沢市・熊谷市

 

東京都:足立区・北区(赤羽・王子・東十条)・葛飾区・荒川区・台東区・文京区・墨田区・板橋区・中央区・豊島区(池袋)・新宿区・渋谷区・中野区・目黒区・世田谷区・大田区・港区・八王子市

 

千葉県・群馬県・栃木県・新潟県

  ~鍼灸以外のページ~
  ~鍼灸以外のページ~