血液検査とコレステロール

 みなさんは、定期的に健康診断をしていますか?

 

 健康診断では血液検査をしていると思いますが、今回は、血液検査項目の中の『コレステロール』について書きます。

 

コレステロールは、大きく分けて2種類あります。HDLコレステロールとLDLコレステロールの2つです。

 

①HDLコレステロール:善玉コレステロールと言われ、この数値が低い場合は動脈硬化、高脂血症、虚血性心臓疾患に注意が必要です。この数値はある程度高い値が理想的です。平均値=40~70㎎/dl

 

②LDLコレステロール:これ悪玉です。この数値が高いと危険です。やはり動脈硬化や心疾患に注意が必要となります。検査表項目の中には『総コレステロール』と表記されていることがあります。平均値=120~220㎎/dl

 

適度な運動と体調管理でHDLコレステロール値を上げることができるので、運動不足の方は何か運動を始めましょう。

 

 

院長 橋本 正法

  ~健康問題日記&その他~
  ~健康問題日記&その他~

≪お悩みの症状は?≫

(患者さん通院圏)

 

埼玉県:川口市・蕨市・さいたま市(浦和・大宮・与野・岩槻)・戸田市・草加市・八潮市・吉川市・三郷市・越谷市・春日部市・上尾市・加須市・久喜市・所沢市・熊谷市

 

東京都:足立区・北区(赤羽・王子・東十条)・葛飾区・荒川区・台東区・文京区・墨田区・板橋区・中央区・豊島区(池袋)・新宿区・渋谷区・中野区・目黒区・世田谷区・大田区・港区・八王子市

 

千葉県・群馬県・栃木県・新潟県

  ~鍼灸以外のページ~
  ~鍼灸以外のページ~