自律神経の検査について。

 

 自律神経機能を検査する方法はいろいろあります。

 

 今回の記事では、代表的なものを紹介していきましょう。

 

 『立位心電図検査』=血管の運動神経や心臓の働きをみる検査です。横になった状態で心電図をとり、つぎに立った状態で心電図をとります。自律神経が正常なら心電図に極端に波形が乱れることはありませんが、自律神経が不安定な場合は波形に乱れが生じることがあります。

 

 『シュロング起立試験』=血圧の変化を見ていく検査です。しばらく安静に横たわって血圧を測定し、そのあとで立ちあがったときの血圧の変動をみていきます。自律神経が正常に機能していれば血圧は大きく変動したりしませんが、自律神経の働きが低下していると立ちあがったときに血圧が大きく変動しますので、『めまい』『立ちくらみ』を感じる方が多いようです。

 

 『筋肉の緊張感』=筋肉の緊張感がある場合、自律神経のバランスが乱れていることも考えられます。特に、首・肩・肩甲骨のつけ根・背中などの筋肉に強いコリ感を感じている方は注意が必要です。頭痛や、全身の疲労感、ゆううつ感がある方はそのままにせず、早めに相談しましょう。

 

何かご不明なことがありましたら当院までご相談下さい。

はしもと鍼灸院『ストレス』『疲労』『美容』対策室

℡048-257-2249

 

 

院長 橋本 正法

  ~健康問題日記&その他~
  ~健康問題日記&その他~

≪お悩みの症状は?≫

(患者さん通院圏)

 

埼玉県:川口市・蕨市・さいたま市(浦和・大宮・与野・岩槻)・戸田市・草加市・八潮市・吉川市・三郷市・越谷市・春日部市・上尾市・加須市・久喜市・所沢市・熊谷市

 

東京都:足立区・北区(赤羽・王子・東十条)・葛飾区・荒川区・台東区・文京区・墨田区・板橋区・中央区・豊島区(池袋)・新宿区・渋谷区・中野区・目黒区・世田谷区・大田区・港区・八王子市

 

千葉県・群馬県・栃木県・新潟県

  ~鍼灸以外のページ~
  ~鍼灸以外のページ~