『胸郭出口症候群』に対する鍼灸治療        川口市 はしもと鍼灸

 

 今回は『胸郭出口症候群』の紹介です。

 

 『胸郭出口症候群』は、首が細くてなで肩の女性に多い疾患で、腕の神経が圧迫されることで起こる疾患です。

 

 症状としては、首・肩から腕にかけてシビレや重さ、コリ感、痛みなど。が出現します。手を上に上げるとシビレが出現してしまうので、日常生活に支障をきたします。

 

 片方の腕に起こることが多いのですが、まれに両腕に出現する場合があります。この症状では、他の疾患から来ている場合もありますので、専門の医療機関(整形外科など)で診察を受けてから来院してください。

 

 当院での対策としては、首・肩・背中のコリ感を取るために『はり』をしていきます。本数も多めに打っていきます。そこにパルスという弱めの電気をかけて行き、筋肉の血液循環を改善させます。結果として、硬くなっていた筋肉を緩めて圧迫されている腕の神経を解放していきます。

 

 周りの筋肉の圧迫が取れてくれば、シビレや痛みが徐々になくなっていくのです。

 

 治療効果を実感していただくためには、少なくても3~5回はかかりますが、状態を把握しながら経過を観察していきます。

 

 以上のような症状でお悩みの方は当院にご相談ください。

 

℡048-257-2249

 

 

院長 橋本 正法

  ~健康問題日記&その他~
  ~健康問題日記&その他~

≪お悩みの症状は?≫

(患者さん通院圏)

 

埼玉県:川口市・蕨市・さいたま市(浦和・大宮・与野・岩槻)・戸田市・草加市・八潮市・吉川市・三郷市・越谷市・春日部市・上尾市・加須市・久喜市・所沢市・熊谷市

 

東京都:足立区・北区(赤羽・王子・東十条)・葛飾区・荒川区・台東区・文京区・墨田区・板橋区・中央区・豊島区(池袋)・新宿区・渋谷区・中野区・目黒区・世田谷区・大田区・港区・八王子市

 

千葉県・群馬県・栃木県・新潟県

  ~鍼灸以外のページ~
  ~鍼灸以外のページ~