増加傾向にある『不妊症』          川口 はしもと鍼灸院

 

 現在、結婚の高齢化や出産希望年齢の上昇によって『不妊症』が増加傾向にあります。

 

 35歳以上の初産を高齢初産といいますが、1980年では35歳以上の初産は2.1%でありましたが、1996年では4.8%まで増加しており、2011年現在ではそれ以上に増加しているようです。

 

 出産年齢が上がるということは、婦人科疾患の罹患率も上がる可能性があります。また、若い世代にクラミジアによる卵管炎が増加しているので、しっかりと治療しないと不妊症につながってしまう可能性があります。

 

 その他、女性の間ではダイエットが流行しているため、妊娠向きの体型、体力が備わっていない方も多くなっているようです。

 

 妊娠を希望して、すぐに妊娠できる夫婦は少数です。日頃から身体のメンテナンスを心がけていきましょう。婦人科領域の不調はそのままにせず、早めに婦人科を受診しましょう。早期発見早期治療が基本的な考え方になります。

 

 『はり・お灸』によるメンテナンスもオススメしています。体内環境を整え、ホルモンバランスや自律神経機能を正常にしていくことで病気に負けない強い免疫力にしていくとともに、妊娠しやすい身体にも変化させていくことができます。

 

詳しくは当院にご相談下さい。

048-257-2249

 

 

院長 橋本 正法

  ~健康問題日記&その他~
  ~健康問題日記&その他~

≪お悩みの症状は?≫

(患者さん通院圏)

 

埼玉県:川口市・蕨市・さいたま市(浦和・大宮・与野・岩槻)・戸田市・草加市・八潮市・吉川市・三郷市・越谷市・春日部市・上尾市・加須市・久喜市・所沢市・熊谷市

 

東京都:足立区・北区(赤羽・王子・東十条)・葛飾区・荒川区・台東区・文京区・墨田区・板橋区・中央区・豊島区(池袋)・新宿区・渋谷区・中野区・目黒区・世田谷区・大田区・港区・八王子市

 

千葉県・群馬県・栃木県・新潟県

  ~鍼灸以外のページ~
  ~鍼灸以外のページ~