アルコール依存症とは            はしもと鍼灸院

 

 『酒は百薬の長』といわれていますが、これは適量のお酒のことであり、過度な飲酒は身体にとって毒となります。

 

 日本でもアルコール依存症の人が急増しています。現在では230~250万人のアルコール依存症患者がいると言われています。

 

 アルコール依存症になると次第に飲酒量は増加し、感情の抑制が効かなくなったりします。肝臓をはじめ、さまざまな臓器に障害を起こしたり不眠症、動悸、全身のふるえ、なども引き起こす可能性があります。

 

 最初にも記述しましたが、『適量』を守っていれば心配することはありませんが、だんだんと量が増えてきている方は要注意です。

 

 もし、身体に何らかの症状がでているようでしたら専門医に相談することをオススメします。アルコール医療専門施設などに相談してもいいと思います。

 

 

院長 橋本 正法

  ~健康問題日記&その他~
  ~健康問題日記&その他~

≪お悩みの症状は?≫

(患者さん通院圏)

 

埼玉県:川口市・蕨市・さいたま市(浦和・大宮・与野・岩槻)・戸田市・草加市・八潮市・吉川市・三郷市・越谷市・春日部市・上尾市・加須市・久喜市・所沢市・熊谷市

 

東京都:足立区・北区(赤羽・王子・東十条)・葛飾区・荒川区・台東区・文京区・墨田区・板橋区・中央区・豊島区(池袋)・新宿区・渋谷区・中野区・目黒区・世田谷区・大田区・港区・八王子市

 

千葉県・群馬県・栃木県・新潟県

  ~鍼灸以外のページ~
  ~鍼灸以外のページ~