うつ病の薬『抗うつ薬』について。       川口市 はしもと鍼灸院

 

 震災後から、心療内科に通う患者さんが増加しています。

 

 うつ病は、外界から入ってきた情報を神経から神経へと伝達している『神経伝達物質』の働きが低下するために起こる。と考えられています。『抗うつ薬』にはこの神経伝達物質の働きを高めて抑うつ気分や意欲の低下を改善する作用があるのです。

 

 現在日本で主に用いられているのは、『三環系抗うつ薬』『四環系抗うつ薬』『SSRI』の3種類です。これらの薬はいずれも抗うつ効果が高く、医師は患者さんの病状、体調などを考慮して薬を選択しています。

 

 薬の服用によって、副作用などが出現することがあります。この副作用があるために途中で服用をやめてしまう人がいるようです。途中で服用をやめてしまうと治療が進まないばかりか、病状がかえって悪化してしまう危険性もあります。医師の指示通りに服用していきましょう。

 

 『抗うつ薬』は血液中の濃度がある一定以上にならないと効果がでません。それには薬を飲み始めてから2週間ぐらいかかります。飲んでも効かないといって勝手に薬の服用をやめたりしないでください。ただし、2週間以上経過しても、全く効果を感じないのも問題ですので、しっかりと専門医に相談して下さい。

 

ここでのキーワードは『自己判断はせず、専門医に相談!!』です。

 

 

院長 橋本 正法

  ~健康問題日記&その他~
  ~健康問題日記&その他~

≪お悩みの症状は?≫

(患者さん通院圏)

 

埼玉県:川口市・蕨市・さいたま市(浦和・大宮・与野・岩槻)・戸田市・草加市・八潮市・吉川市・三郷市・越谷市・春日部市・上尾市・加須市・久喜市・所沢市・熊谷市

 

東京都:足立区・北区(赤羽・王子・東十条)・葛飾区・荒川区・台東区・文京区・墨田区・板橋区・中央区・豊島区(池袋)・新宿区・渋谷区・中野区・目黒区・世田谷区・大田区・港区・八王子市

 

千葉県・群馬県・栃木県・新潟県

  ~鍼灸以外のページ~
  ~鍼灸以外のページ~