『筋肉疲労(筋疲労)』と鍼灸治療        川口市 はしもと鍼灸院

 

 筋肉を過度に使うと疲労が蓄積する。これは、どのようなメカニズムなのでしょうか。

 

 『筋疲労』を医学辞書で調べてみました。

 

 筋疲労=筋収縮を連続して行なうとき、筋力の低下が起こることを筋疲労という。疲労の原因には筋肉のグリコーゲンなどのエネルギー源の消耗、乳酸や代謝産物の蓄積、酸塩基平衡、イオン分布、浸透圧、ホルモン濃度など内部環境の変化等がある。筋疲労は荷重が大きく、収縮頻度が多いほど出現する。筋収縮を持続すると血流量が減少して疲労が早く出現する。

 

 

 以上が辞書の内容です。上記の『血流量』がキーワードとなります。やはり血流量が減少して筋肉の疲労が出現し、痛みなどが出現してくるわけですから、『はり治療』で逆に血流量を増加させてあげれば筋疲労が緩和され、そこからくる痛みも解消できるのです。

 

 どこに行ってもなかなか良くならない筋疲労から来る『重さ・痛み』などがありましたら当院にご相談ください。

 

 はしもと鍼灸院『ストレス』『疲労』『美容』対策室

℡048-257-2249

 

 

 

 

院長 橋本 正法

  ~健康問題日記&その他~
  ~健康問題日記&その他~

≪お悩みの症状は?≫

(患者さん通院圏)

 

埼玉県:川口市・蕨市・さいたま市(浦和・大宮・与野・岩槻)・戸田市・草加市・八潮市・吉川市・三郷市・越谷市・春日部市・上尾市・加須市・久喜市・所沢市・熊谷市

 

東京都:足立区・北区(赤羽・王子・東十条)・葛飾区・荒川区・台東区・文京区・墨田区・板橋区・中央区・豊島区(池袋)・新宿区・渋谷区・中野区・目黒区・世田谷区・大田区・港区・八王子市

 

千葉県・群馬県・栃木県・新潟県

  ~鍼灸以外のページ~
  ~鍼灸以外のページ~