心の病気に用いる薬について       川口市 はしもと鍼灸院

 

 精神科・心療内科の薬。というと≪恐い薬≫というように考える方がいます。

 

 しかし、適切に用いていれば決して怖いものではありません。現在、一般的に用いられている向精神薬で中毒になることはなく、副作用の問題も薬の量を調整したり種類を変えることで十分対処できるものとなっています。

 

 むしろ怖いのは患者さん自身が勝手に薬の量を調整したり、薬をやめてしまうことです。そのせいで、症状がぶりかえしたり悪化し、かえって治療を長引かせてしまっている患者さんも多いようです。

 

 薬に対して質問や疑問、不安があるときは納得がいくまで専門医に相談しましょう。自分が飲んでいる薬について正しく理解し、用法・用量を守って正しく使いましょう。

 

 他の科とかけもち受診をしている方は病名と使用中の薬をしっかりと伝えましょう。服用の効果、様子、変化、副作用については、そのつど医師に報告していきましょう。

 

はしもと鍼灸院『ストレス』『疲労』『美容』対策室

℡048-257-2249

 

 

 

院長 橋本 正法

  ~健康問題日記&その他~
  ~健康問題日記&その他~

≪お悩みの症状は?≫

(患者さん通院圏)

 

埼玉県:川口市・蕨市・さいたま市(浦和・大宮・与野・岩槻)・戸田市・草加市・八潮市・吉川市・三郷市・越谷市・春日部市・上尾市・加須市・久喜市・所沢市・熊谷市

 

東京都:足立区・北区(赤羽・王子・東十条)・葛飾区・荒川区・台東区・文京区・墨田区・板橋区・中央区・豊島区(池袋)・新宿区・渋谷区・中野区・目黒区・世田谷区・大田区・港区・八王子市

 

千葉県・群馬県・栃木県・新潟県

  ~鍼灸以外のページ~
  ~鍼灸以外のページ~