若年層に増えつつある『子宮がん』            川口市 はしもと鍼灸院

 

 子宮がんには子宮体がんと子宮頚がんの2種類がありあます。

 

 子宮頚がんは、集団検診の普及から早期の発見が増え死亡率も低下してきていましたが、検診率の低下から死亡率が上昇傾向にあるようです。

 

 年齢層も以前は40~50歳代が多かったようですが、最近では20~30歳代での発症も増えてきています。性交渉やHPV(ヒトパピロマウイルス)による感染も関与すると言われています。

 

 子宮体がんは、子宮頚がんよりも年齢が高くなってから発症します。未婚、不妊、高齢妊娠、30歳代でも月経が不順、エストロゲン剤の服用などは危険因子と考えられています。肥満や高血圧、糖尿病などを合併することもあります。

 

 どちらにしても、『早期発見』がキーワードとなります。早期発見できれば治癒も可能です定期健診の他、子宮から異常出血などがある場合は婦人科を受診しましょう。

 

 免疫力、ホルモンバランスを整えておくためには当院の『はり・お灸治療』をオススメしています。病気になる手前の状態で、身体の調子を整えておくことはとても重要です。

 

 何かご不明な点がありましたら当院にご相談ください。

 

はしもと鍼灸院『ストレス』『疲労』『美容』対策室

 

℡048-257-2249

 

 

 

 

 

院長 橋本 正法

  ~健康問題日記&その他~
  ~健康問題日記&その他~

≪お悩みの症状は?≫

(患者さん通院圏)

 

埼玉県:川口市・蕨市・さいたま市(浦和・大宮・与野・岩槻)・戸田市・草加市・八潮市・吉川市・三郷市・越谷市・春日部市・上尾市・加須市・久喜市・所沢市・熊谷市

 

東京都:足立区・北区(赤羽・王子・東十条)・葛飾区・荒川区・台東区・文京区・墨田区・板橋区・中央区・豊島区(池袋)・新宿区・渋谷区・中野区・目黒区・世田谷区・大田区・港区・八王子市

 

千葉県・群馬県・栃木県・新潟県

  ~鍼灸以外のページ~
  ~鍼灸以外のページ~