体調によって異なる通覚神経の感受性         川口市 はしもと鍼灸院

 

 体調によって身体の感覚は異なります。

 

 分かりやすいのが『痛覚神経』です。

 

 

 身体が不調のときには、無意識下で『痛覚神経』が敏感になります。

 

 なぜかと言いますと、身体が弱っているときは大きな物理的刺激を受けてしまうと通常時よりもダメージが大きいため、外的刺激を素早く察知させるように痛覚神経のアンテナを敏感にしておくのです。

 

 風邪をひいたときに体中が何か痛いような感覚になったことはありませんか?それも同じメカニズムなのです。

 

 

 当院の鍼治療でも同じことが起きます。体調が悪いときや風邪の引き始めなどに治療しますと鍼治療の『ヒビキ感』がいつもよりも強めに感じる方が多いです。そんなときでも体調に合わせた刺激をしますので安心して治療を受けていただけます。

 

 

 最近身体の感覚がなんとなくおかしいなぁ。という方はもしかしたら体調が良くないのかもしれません。そんなときは当院にご相談ください。

 

はしもと鍼灸院『ストレス』『疲労』『美容』対策室

℡048-257-2249

 

 

院長 橋本 正法

  ~健康問題日記&その他~
  ~健康問題日記&その他~

≪お悩みの症状は?≫

(患者さん通院圏)

 

埼玉県:川口市・蕨市・さいたま市(浦和・大宮・与野・岩槻)・戸田市・草加市・八潮市・吉川市・三郷市・越谷市・春日部市・上尾市・加須市・久喜市・所沢市・熊谷市

 

東京都:足立区・北区(赤羽・王子・東十条)・葛飾区・荒川区・台東区・文京区・墨田区・板橋区・中央区・豊島区(池袋)・新宿区・渋谷区・中野区・目黒区・世田谷区・大田区・港区・八王子市

 

千葉県・群馬県・栃木県・新潟県

  ~鍼灸以外のページ~
  ~鍼灸以外のページ~