過換気症候群について。              川口市 はしもと鍼灸院

 

 ストレスやヒステリー症状が原因で起こる『過換気症候群』

 

 呼吸は、必要な酸素を取り入れて二酸化炭素を排泄するように細かく調節されています。しかし過換気症候群では、必要以上に呼吸をしてしまう状態になります。

 

 普段の動脈血には二酸化炭素も含まれており、この二酸化炭素分圧が低下すると、脳内の血管が収縮してしまったり血液が極端にアルカリ側に傾き神経や筋肉の収縮に関係しているカルシウムイオン濃度が低下します。その結果として神経や筋肉の興奮が高まり口の周囲や、手先がしびれたりしてしまうのです。

 

 この症状が出現したら、ビニール袋やハンカチなどで口元をふさいで自分が吐きだした二酸化炭素を再び吸いこみ、血液中の二酸化炭素濃度を上げることで解決できます。

 

 もちろん、似たような症状で過換気症候群以外の原因がある場合もありますから、専門医と相談することが必要です。

 

 

 精神的なストレス、身体の疲労感の蓄積で過換気症候群になってしまうこともありますから、普段から心身ともに健康である必要がありますね。

 

 

 

院長 橋本 正法

  ~健康問題日記&その他~
  ~健康問題日記&その他~

≪お悩みの症状は?≫

(患者さん通院圏)

 

埼玉県:川口市・蕨市・さいたま市(浦和・大宮・与野・岩槻)・戸田市・草加市・八潮市・吉川市・三郷市・越谷市・春日部市・上尾市・加須市・久喜市・所沢市・熊谷市

 

東京都:足立区・北区(赤羽・王子・東十条)・葛飾区・荒川区・台東区・文京区・墨田区・板橋区・中央区・豊島区(池袋)・新宿区・渋谷区・中野区・目黒区・世田谷区・大田区・港区・八王子市

 

千葉県・群馬県・栃木県・新潟県

  ~鍼灸以外のページ~
  ~鍼灸以外のページ~