『手のシビレ』、それは胸郭出口症候群かもしれません。   川口市 はしもと鍼灸院

 

 首がなで肩の人や、生まれつき鎖骨が真っすぐの人は胸郭出口が狭くなり腕に行く神経が圧迫されることで『手のしびれ』が出現します。これを『胸郭出口症候群』といいます。少し前は『斜角筋症候群』と呼ばれていました。首、肩、腕にかけて痛みとシビレがある方はこの症状である可能性が高いです。

 

 『シビレ』は、神経が関与していることが多く、脳の疾患である可能性もありますので、一度専門の医療機関で診察しましょう。

 

 当院ではこの胸郭出口症候群に対して『鍼灸治療』を行なっています。首の筋肉をはじめ、肩や背中の筋肉の緊張を緩和させることで、神経に対する圧迫を緩めていきます。圧迫が緩まれば『シビレ』の症状も緩和されて行きます。

 

 『手のしびれ』でお困りの方は当院にご相談下さい。

 

 

はしもと鍼灸院『ストレス』『疲労』『美容』対策室

 

℡048-257-2249

 

 

 

院長 橋本 正法

  ~健康問題日記&その他~
  ~健康問題日記&その他~

≪お悩みの症状は?≫

(患者さん通院圏)

 

埼玉県:川口市・蕨市・さいたま市(浦和・大宮・与野・岩槻)・戸田市・草加市・八潮市・吉川市・三郷市・越谷市・春日部市・上尾市・加須市・久喜市・所沢市・熊谷市

 

東京都:足立区・北区(赤羽・王子・東十条)・葛飾区・荒川区・台東区・文京区・墨田区・板橋区・中央区・豊島区(池袋)・新宿区・渋谷区・中野区・目黒区・世田谷区・大田区・港区・八王子市

 

千葉県・群馬県・栃木県・新潟県

  ~鍼灸以外のページ~
  ~鍼灸以外のページ~