更年期障害のほてり(ホットフラッシュ)     川口市 はしもと鍼灸院

更年期障害ではさまざまな症状が出現します。

 

 更年期障害の主要症状の中で一番頻度が多い症状はほてり(ホットフラッシュ)です。更年期および、閉経後女性の半数以上に出現するといわれています。

 

 日本では更年期とは閉経周辺時期45~55歳くらいの年齢をいいますが、世界基準では『更年期障害』という病名はあまり使われていないようです。

 

 ホットフラッシュは、血管運動神経障害が原因で起こります。ホットフラッシュの発生機序として、エストロゲンは、体温を下げる働きがあるため、その欠乏により体温調節が失調すると考えられています。

 

 更年期症状は、加齢とともに軽快するので、55歳~60歳を超えるころには症状も落ち着く傾向にあります。

 

更年期障害では他にもイライラ感や肩コリ、食欲障害や倦怠感などを訴えることが多いので、これらの症状に対して当院では『鍼灸治療』を行ないます。筋肉の疲労感をはじめ、自律神経機能を改善していくような治療をすることで身体の不調をやわらげていきます。

 

 

 

更年期障害などの症状でお困りの方は当院にご相談ください。

 

 

はしもと鍼灸院『ストレス』『疲労』『美容』対策室

 

℡048-257-2249

 

 

 

院長 橋本 正法

  ~健康問題日記&その他~
  ~健康問題日記&その他~

≪お悩みの症状は?≫

(患者さん通院圏)

 

埼玉県:川口市・蕨市・さいたま市(浦和・大宮・与野・岩槻)・戸田市・草加市・八潮市・吉川市・三郷市・越谷市・春日部市・上尾市・加須市・久喜市・所沢市・熊谷市

 

東京都:足立区・北区(赤羽・王子・東十条)・葛飾区・荒川区・台東区・文京区・墨田区・板橋区・中央区・豊島区(池袋)・新宿区・渋谷区・中野区・目黒区・世田谷区・大田区・港区・八王子市

 

千葉県・群馬県・栃木県・新潟県

  ~鍼灸以外のページ~
  ~鍼灸以外のページ~