体外受精:移植前後の鍼灸治療について     川口市 はしもと鍼灸院

 最近よく質問を受けますので、当院の見解として回答させていただきます。

クカニロコの画像です。
クカニロコの画像です。

 

 体外受精を予定されている方も多く来院されています。そこで、頻繁に質問される内容です。

 

 

『体外受精移植日の前後に鍼灸治療をした方がいいんですか?』

 

という内容です。当院の治療方針として回答させていただきますので、他院のHPや記事、書籍とは全く関係ありませんのでその点はご理解下さい。

 

当院の回答としましては、

 

①体外受精移植前の鍼灸治療=大変オススメ!!

 

②体外受精移植後(直後)の鍼灸治療=患者さんの個人差はありますがあまりオススメではありません。

 

という回答です。当院では体性ー自律神経反射理論による鍼灸治療を行ないますので、治療後に子宮卵巣の血流量が増加するような刺激を加えて行きます。

 この点だけを聞けば体外受精後はガンガン治療した方がいいんじゃない?と考えられるかもしれませんが、その刺激方法に問題があるんです。

 

鍼刺激というおのは一瞬チクッとする場合があります。これはストレッサーとなることが考えられます。痛みに敏感な患者さんに対してこのストレッサーを加えることが100%安全であると言いきれないからです。

 

患者さんの個人差はある。と書いた理由としましては、何度も治療させていただいていて、感覚の度合いといいましょうか、こちらで感受性を把握できている患者さんに対しては臨機応変に治療させていただいております。鍼をすることもありますし、刺さない治療器具で刺激するときもあります。そのときそのときで刺激量を変えて行きます。

 

痛みの度合いや感受性に個人差があるように、いろいろな患者さんがいるにもかかわらず、すべての方に同じ刺激をしてもいいとは思いません。

 

しっかりとお話しをさせていただき、その時の体調や不安感などを考慮した上で刺激していきます。来院されたときは、患者さんご本人がどのような考えを持っているのか、しっかりとお聞かせください。

 

当院は治療者本位での治療。又、患者さん本位での治療。この2つは行ないません。私の治療者の考えと患者さんの考えを融合させてお互い納得いく形での治療を目指していきますので何でもご相談ください。

 

 

 

はしもと鍼灸院『ストレス』『疲労』『美容』対策室

 

℡:048-257-2249

 

 

 

 

院長 橋本 正法

  ~健康問題日記&その他~
  ~健康問題日記&その他~

≪お悩みの症状は?≫

(患者さん通院圏)

 

埼玉県:川口市・蕨市・さいたま市(浦和・大宮・与野・岩槻)・戸田市・草加市・八潮市・吉川市・三郷市・越谷市・春日部市・上尾市・加須市・久喜市・所沢市・熊谷市

 

東京都:足立区・北区(赤羽・王子・東十条)・葛飾区・荒川区・台東区・文京区・墨田区・板橋区・中央区・豊島区(池袋)・新宿区・渋谷区・中野区・目黒区・世田谷区・大田区・港区・八王子市

 

千葉県・群馬県・栃木県・新潟県

  ~鍼灸以外のページ~
  ~鍼灸以外のページ~