不妊症治療『P4値とは』検査項目について  川口市 はしもと鍼灸院

検査項目のP4値について説明していこうと思います。

 

 P4=プロゲステロン  プロゲステロンとは黄体ホルモンとも呼ばれており、黄体から分泌されているホルモンです。E2の作用によって厚くなった子宮内膜を着床に適した状態に変えてくれるホルモンです。

 

妊娠していない状態での基準値

 

 卵胞期:1以下

 

 排卵期:4以下

 

 黄体期:5~30

 

 閉経期:1以下

 

 

 このP4値が低いままだと、着床しても安定せず子宮内膜の維持が出来ずに流産することもあります。E2がP4受容体の発現に関与しているためE2値が低いとP4値も低くなります。

 

 P4値が排卵後5~7日目に10ng/mL以下の場合は黄体機能不全の診断となることがあります。

 

 

 いずれにしても、婦人科などの専門医療機関で検査してもらわないと分からない数値です。妊娠の維持にはとても重要なホルモンです。不妊症傾向にある方はこれらの検査項目について調べてもらいましょう。

 

 

はしもと鍼灸院『ストレス』『疲労』『美容』対策室

 

℡:048-257-2249

 

 

 

院長 橋本 正法

  ~健康問題日記&その他~
  ~健康問題日記&その他~

≪お悩みの症状は?≫

(患者さん通院圏)

 

埼玉県:川口市・蕨市・さいたま市(浦和・大宮・与野・岩槻)・戸田市・草加市・八潮市・吉川市・三郷市・越谷市・春日部市・上尾市・加須市・久喜市・所沢市・熊谷市

 

東京都:足立区・北区(赤羽・王子・東十条)・葛飾区・荒川区・台東区・文京区・墨田区・板橋区・中央区・豊島区(池袋)・新宿区・渋谷区・中野区・目黒区・世田谷区・大田区・港区・八王子市

 

千葉県・群馬県・栃木県・新潟県

  ~鍼灸以外のページ~
  ~鍼灸以外のページ~