基礎体温の乱れ(黄体機能不全)と鍼灸治療    川口市 はしもと鍼灸院

基礎体温で判断される黄体機能不全

 

 基礎体温上、低温層と高温層の差が0.3℃未満の場合、低温層からl高温層への移行が4日以上の場合、高温層の持続維持が10日未満の場合などに黄体機能不全と診断されることがあります。

 

 排卵後に卵胞の顆粒膜細胞などから形成される黄体からのエストロゲンとプロゲステロンの分泌不全により、分泌期子宮内膜への変化が十分におこらない現象を言います。無排卵ではないが、着床障害のため不妊になりやすいとされています。

 

 子宮内膜はエストロゲンにより増殖し、プロゲステロンによって分泌期内膜に変化するが、これらのホルモンの分泌不全のために妊娠成立と維持にとって必要な子宮内膜変化が不十分となります。

 

 妊娠の維持に必要なプロゲステロンは妊娠7~8週ごろから胎盤が主な分泌源となるがそれまで黄体が維持されない場合には流産となる。

 

 子宮内の状態が適度に保たれていないと妊娠成立から維持にいたるまでうまく進んでいかないということになります。

 

 

 当院の不妊専門治療のコンセプトは、子宮内や卵巣の血流の改善です。血液循環は基礎的なものなので、しっかりと酸素や栄養素が送られないと機能してくれません。さらに、ホルモンは血液循環に乗って輸送されます。分泌されたホルモンがしっかりと送られるように血流はとても大切であるといえるでしょう。

 

 当院の不妊専門治療は、以上のような症状の方の改善を目指します。西洋医学的な治療と当院の鍼灸治療を併用することで大きな効果を期待して治療にあたっています。

 

 何かご不明な点がありましたらお気軽にご相談下さい。

 

 

はしもと鍼灸院『ストレス』『疲労』『美容』対策室

 

℡:048-257-2249

 

 

院長 橋本 正法

  ~健康問題日記&その他~
  ~健康問題日記&その他~

≪お悩みの症状は?≫

(患者さん通院圏)

 

埼玉県:川口市・蕨市・さいたま市(浦和・大宮・与野・岩槻)・戸田市・草加市・八潮市・吉川市・三郷市・越谷市・春日部市・上尾市・加須市・久喜市・所沢市・熊谷市

 

東京都:足立区・北区(赤羽・王子・東十条)・葛飾区・荒川区・台東区・文京区・墨田区・板橋区・中央区・豊島区(池袋)・新宿区・渋谷区・中野区・目黒区・世田谷区・大田区・港区・八王子市

 

千葉県・群馬県・栃木県・新潟県

  ~鍼灸以外のページ~
  ~鍼灸以外のページ~