アトピー性皮膚炎とストレスとの関係    はしもと鍼灸院

アトピー性皮膚炎でお困りの方にとって冬は大変な時期です。

 

 アレルギー反応は一般的にからだに異物が入り込んだことをきっかけにして免疫システムが抗体を過剰に産生し、異物に対して過剰反応を起こすものです。

 

 しかしアトピーははっきりとした異物が認められないケースが多いようです。このため、ハウスダスト説、食品添加物説、遺伝子説などいろいろな原因説があります。その中で最近の研究では『ストレス説』にも注目があつまっています。

 

 アメリカの研究施設ではラットにストレッサーを加えると皮膚や粘膜に多い免疫細胞の一つ、肥満細胞の中でヒスタミンの生産が高まることが分かっています。ヒスタミンは毛細血管を広げる作用があり、皮膚や粘膜に炎症を起こす化学物質です。つまり、ストレスが加わると皮膚に炎症が起きやすくなるということです。

 

 疲労の蓄積、精神的なストレスなど、アトピー性皮膚炎の原因として『ストレス』も考えられますので、身体の不調でお困りの方は当院にご相談ください。

 

 

はしもと鍼灸院『ストレス』『疲労』『美容』対策室

 

℡:048-257-2249

 

 

 

院長 橋本 正法

  ~健康問題日記&その他~
  ~健康問題日記&その他~

≪お悩みの症状は?≫

(患者さん通院圏)

 

埼玉県:川口市・蕨市・さいたま市(浦和・大宮・与野・岩槻)・戸田市・草加市・八潮市・吉川市・三郷市・越谷市・春日部市・上尾市・加須市・久喜市・所沢市・熊谷市

 

東京都:足立区・北区(赤羽・王子・東十条)・葛飾区・荒川区・台東区・文京区・墨田区・板橋区・中央区・豊島区(池袋)・新宿区・渋谷区・中野区・目黒区・世田谷区・大田区・港区・八王子市

 

千葉県・群馬県・栃木県・新潟県

  ~鍼灸以外のページ~
  ~鍼灸以外のページ~