知っておくと便利な症状(下血について)   川口市 はしもと鍼灸院

『下血』は痔のときだけじゃないので注意です

 

 『下血』とは、消化管内の出血が肛門から排出されることを言います。下血は、一般的に十二指腸と小腸の境にある「トライツ靭帯」より肛門側の下部消化管からの出血を言います。トライツ靭帯よりも上部での出血も下血として現れることがありますが、上部の出血は『吐血』になることが多いです。(※吐血=血液を吐くこと)

 

 

 胃や十二指腸の出血からの下血では『タール便』と言ってノリの佃煮のようなねっとりとした黒色便になることが特徴で、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんなどの疑いがあります。下血が赤色の血液のままの場合は下部消化管の出血が考えられ、痔、潰瘍性大腸炎、大腸がんなどが考えられます。

 

 既往歴に肝疾患がある人の突然の吐血や下血は食道静脈瘤破裂が考えられます。また、風邪によって解熱薬や鎮痛薬を服用したあとで下血になる場合があります。これは薬物刺激によって潰瘍ができ、そこからの出血であることが多いようです。

 

 

 いずれの『下血』でも医師の診察を受ける必要があります。一時的な『下血』であっても何か疾患が隠れているかもしれませんので、早めに医師と相談するようにしましょう。検査・診察を受けた上で何も認められなかった場合は、ストレスや疲労によるものである可能性がありますので当院にご相談下さい。

 

 

 

川口駅徒歩7分 はしもと鍼灸院『ストレス』『疲労』『美容』対策室

 

℡:048-257-2249

 

 

 

 

院長 橋本 正法

  ~健康問題日記&その他~
  ~健康問題日記&その他~

≪お悩みの症状は?≫

(患者さん通院圏)

 

埼玉県:川口市・蕨市・さいたま市(浦和・大宮・与野・岩槻)・戸田市・草加市・八潮市・吉川市・三郷市・越谷市・春日部市・上尾市・加須市・久喜市・所沢市・熊谷市

 

東京都:足立区・北区(赤羽・王子・東十条)・葛飾区・荒川区・台東区・文京区・墨田区・板橋区・中央区・豊島区(池袋)・新宿区・渋谷区・中野区・目黒区・世田谷区・大田区・港区・八王子市

 

千葉県・群馬県・栃木県・新潟県

  ~鍼灸以外のページ~
  ~鍼灸以外のページ~