腰部脊柱管狭窄症はどんな病気なのか     川口市 はしもと鍼灸院

ただの腰痛、足の痛みだと感じて来院される患者さんが多いです

 

 原因:腰椎の加齢的変性が脊柱管を狭くすることによって各種神経症状が起こる。

 

 症状:症状は徐々に悪化傾向。足の痛み、しびれ、足の筋力低下や感覚がなくなったりする。

 

 特徴:神経性間欠跛行(歩くと痛みが増すので一旦休憩。休憩すれば緩和する。再び歩くと悪化するのでまた休憩という歩行形態)※閉塞性動脈硬化症による血管性間欠跛行と間違えやすいので注意が必要。

 

 検査:脊柱管狭窄症の確定診断にはMRIが必要です。レントゲンだけでは分かりませんので注意が必要です。骨組織の詳細にCTを撮る場合もあります。

 

 治療:コルセット、薬物療法などの保存療法(安静療法)。効果が不十分なら手術療法もあります。

 

 

 この病態は、個人差が大きいとされています。加齢にともなって脊柱管が狭くなることによって起こる病態なので、もともと脊柱管が広い人は狭窄症状が進行しても症状がでにくく、もともと狭い人は少しの狭窄でもひどく症状が出現してしまう場合があります。

 

 どこに行っても全然治らない、腰、足の痛み。それは脊柱管狭窄症かもしれませんので、MRIの撮れる病院を早めに受診されることをオススメします。

 

 

川口駅徒歩7分 走って3分

はしもと鍼灸院『ストレス』『疲労』『美容』対策室

 

℡:048-257-2249

 

 

院長 橋本 正法

  ~健康問題日記&その他~
  ~健康問題日記&その他~

≪お悩みの症状は?≫

(患者さん通院圏)

 

埼玉県:川口市・蕨市・さいたま市(浦和・大宮・与野・岩槻)・戸田市・草加市・八潮市・吉川市・三郷市・越谷市・春日部市・上尾市・加須市・久喜市・所沢市・熊谷市

 

東京都:足立区・北区(赤羽・王子・東十条)・葛飾区・荒川区・台東区・文京区・墨田区・板橋区・中央区・豊島区(池袋)・新宿区・渋谷区・中野区・目黒区・世田谷区・大田区・港区・八王子市

 

千葉県・群馬県・栃木県・新潟県

  ~鍼灸以外のページ~
  ~鍼灸以外のページ~