変形性関節症というものについて      川口市 はしもと鍼灸院

関節軟骨が摩耗する疾患です

 

変形性関節症

 

 

 原因不明の一次性関節症と原因疾患や異常が分かっている二次性関節症に分けられます

 

 病態:関節軟骨の変性(摩耗)に対して修復が追いつかなくなっているために関節軟骨が少しずつ失われていきます。それに伴って周囲の骨が変形して骨棘(こつきょく)といわれる突起ができたり、軟骨下骨が硬化する。関節内に炎症が起こり関節液が貯留したりする。関節自体の腫脹がみられることも多い。

 

 誘因:一次性関節症は老化による関節軟骨の変性が原因です。肥満などの関節への負担は軟骨変性の要因となる。二次性関節症は代謝性疾患などが原因となる場合や骨形成不全により負担がかかることで起きる場合などがある。

 

 症状:痛み、関節可動域の制限、関節腫脹など。

 

 変形性関節症が起こりやすい関節:膝関節、股関節、頸椎、手指の関節、足の指関節、肘関節など。

 

 検査・診断:単純X線写真で関節の狭小化、骨棘形成、骨のう胞などがみられる。血液検査は明らかな異常は示さない(他の疾患を除外するために行なわれる)

 

 治療:保存療法として体重の減量、関節周囲の筋力訓練、温熱療法なども行なう。もちろん鍼灸治療も効果的。膝関節などではヒアルロン酸ナトリウムなどの関節内注射が行なわれる。

 手術療法では骨切り術と人工関節置換術がある。現在では人工関節の術後10年間の耐久性は90%を越えている。

 

 

 変形性関節症は今では多くみられる疾患となっています。日常生活動作がままならない方は、早めに大きな病院を受診し、適切な治療で快適に過ごせるようになると思います。症状を放っておくことのないようにしましょう。当院でも痛みに対する治療をさせていただいております。何かご不明な点がありましたら当院にご相談下さい。

 

 

川口駅徒歩7分 走って3分

はしもと鍼灸院『ストレス』『疲労』『美容』対策室

 

℡:048-257-2249

 

 

 

院長 橋本 正法

  ~健康問題日記&その他~
  ~健康問題日記&その他~

≪お悩みの症状は?≫

(患者さん通院圏)

 

埼玉県:川口市・蕨市・さいたま市(浦和・大宮・与野・岩槻)・戸田市・草加市・八潮市・吉川市・三郷市・越谷市・春日部市・上尾市・加須市・久喜市・所沢市・熊谷市

 

東京都:足立区・北区(赤羽・王子・東十条)・葛飾区・荒川区・台東区・文京区・墨田区・板橋区・中央区・豊島区(池袋)・新宿区・渋谷区・中野区・目黒区・世田谷区・大田区・港区・八王子市

 

千葉県・群馬県・栃木県・新潟県

  ~鍼灸以外のページ~
  ~鍼灸以外のページ~