(腰部脊柱管狭窄症とは?)

 

 

 腰部脊柱管狭窄症とは、背骨が加齢に伴って変形し、背骨でできた神経の通り道が狭くなって神経が圧迫されてしまった状態のことをいいます。

 

症状としては、足の痛みやシビレなどで歩きが困難な状態になります。

 

 

 

 

(治療方法)

 

脊柱管狭窄症に限っては『鍼灸治療』で根本的な治癒は望めません。しかしながら、それに随伴して起こる各種筋肉の疲労感、筋肉の痛みなどを取り去ることはできます。

 

圧迫されている部位を探り、その部分の周囲に対して『はり』をしていきます。患者さんの症状の具合を見て刺激量を変えていきます。

 

圧迫部位の周囲の血液循環を改善していくことで、全体的なトータルの痛みをやわらげます。

 

(※手術をしたくない方、手術後に痛みが再発してしまった方に効果的です。)

 

 

腰部脊柱管狭窄症のブログ記事

 

院長 橋本 正法

  ~健康問題日記&その他~
  ~健康問題日記&その他~

≪お悩みの症状は?≫

(患者さん通院圏)

 

埼玉県:川口市・蕨市・さいたま市(浦和・大宮・与野・岩槻)・戸田市・草加市・八潮市・吉川市・三郷市・越谷市・春日部市・上尾市・加須市・久喜市・所沢市・熊谷市

 

東京都:足立区・北区(赤羽・王子・東十条)・葛飾区・荒川区・台東区・文京区・墨田区・板橋区・中央区・豊島区(池袋)・新宿区・渋谷区・中野区・目黒区・世田谷区・大田区・港区・八王子市

 

千葉県・群馬県・栃木県・新潟県

  ~鍼灸以外のページ~
  ~鍼灸以外のページ~