アトピー性皮膚炎に対する『お灸治療』      はしもと鍼灸院での対策

アトピー性皮膚炎(Atopic Dermatitis)とは

 

 遺伝的な敏感体質がある方で、アレルギー原因物質や刺激物が体内に侵入してくることで、湿疹皮膚炎症が起こる疾患です。湿疹の『かゆみ』が最もつらい症状であると言われています。

 

 冬に悪化することが多く、皮膚の乾燥でかゆみが増して、掻いてしまうことで、またかゆみが増す。という悪循環が起きてしまいます。

 

 合併症状として、『白内障』『円形脱毛症』『伝染性膿痂疹(細菌性皮膚感染症)』が起こる場合があります。

 

 

 アトピー性皮膚炎の記事はコチラ

 

 

アトピー性皮膚炎に対する治療方法

左手にのせた糸状灸

 

 皮膚科の受診によりステロイド性外用薬・内服薬や非ステロイド性抗炎症薬を処方され、使用している方がほとんどだと思います。

 

 アトピー性皮膚炎に対し、当院では『お灸』を用いた治療をしていきます(個人によっては治療内容が異なります)。湿疹が良く出現する部位(肘・膝などの関節周囲、首、背中など)に対し、右の写真のような小さいお灸(糸状灸)をたくさんしていきます。

 

 このお灸は小さいので、熱過ぎるということはありません。安心して受けていただけます。お灸刺激には『調整作用』という効果があり、『お灸』を施すことによって皮膚表面に起きている炎症(=湿疹)を鎮静化させることができます。この効果によって『かゆみ』を抑え、更なる炎症を防止していきます。結果として、皮膚を良い状態に近づけていきます。

 

※当院では、皮膚科の受診と鍼灸院の併用をオススメしています。

 

※お灸治療は、少し「ピリッ」とするくらいの刺激です。治療後はスッキリとした爽快感を感じていただけます。

 

 

治療回数の目安

 

 治療頻度、回数は患者さんの症状・状態により異なります。当院で患者さんの状態を把握し、しっかりとお話をして決めていきます。

 

 患者さんによっては『お灸治療』が身体に合わないという方もいらっしゃいますので、最初の治療は、刺激を弱めにし、様子を観察します。大丈夫そうなら2回目以降はしっかりと刺激を入れていきます。

 

※ご不明な点がありましたら当院にお問い合わせください。

 

 

はしもと鍼灸院『ストレス』『疲労』『美容』対策室

℡048-257-2249

 

 

院長 橋本 正法

  ~健康問題日記&その他~
  ~健康問題日記&その他~

≪お悩みの症状は?≫

(患者さん通院圏)

 

埼玉県:川口市・蕨市・さいたま市(浦和・大宮・与野・岩槻)・戸田市・草加市・八潮市・吉川市・三郷市・越谷市・春日部市・上尾市・加須市・久喜市・所沢市・熊谷市

 

東京都:足立区・北区(赤羽・王子・東十条)・葛飾区・荒川区・台東区・文京区・墨田区・板橋区・中央区・豊島区(池袋)・新宿区・渋谷区・中野区・目黒区・世田谷区・大田区・港区・八王子市

 

千葉県・群馬県・栃木県・新潟県

  ~鍼灸以外のページ~
  ~鍼灸以外のページ~